プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2017/08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

パパママフットサル立ち上げ

大阪に帰ってきてから着想して、構想を練っていたアイデアをようやく実行に移した。

それはパパとママのためのフットサルサークル。
http://ameblo.jp/papamamafutsal/



小さい子どもを抱えるとなかなか継続的にスポーツをすることが難しくなるが、そういった悩みを持つ人を集めたら相互に問題が解決するんじゃないかと思い、サークルを立ち上げた。

パパとママの親目線だけでなく、子どもも含めて家族みんなで参加して、みんな目いっぱい楽しんで帰ってもらうことを目標にしている。

普通のフットサルチームなら作るノウハウは持っているが、こういったサークルはなかなか難しい。
チーム運営というよりもママサークルとか子育てサークルの運営ノウハウが役立ちそうだ。そういった経験は当然ないので手探りでやっていく。
が、子どもという弱い存在を対象にしているので、安全面においては垂直立ち上げでやらなければいけないなと重圧も感じている。

なかなかハードルは高いが世の中にありそうでなかったものを創る喜びは何にも代え難いもの。
新しく何かを始めることのドキドキとワクワク。

おかげで最近、毎日楽しい。
フットサルの話 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「パパママフットサル立ち上げ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
妻、日本代表入り? (2006/06/28)
フィジカル (2004/08/29)
funf bein 関東遠征 (2007/11/29)

フットサル全日本選手権準決勝

20100314221812

代々木まで行ってきた。
横浜でのフットサル仲間とその奥様と三人で。

1試合目の府中vs湘南はお金を払う価値のない試合だったが、2試合目の大阪vs神戸はその価値があった。

私自身のモチベ復活にはなんら影響を与えない観戦だった。
むしろ観戦で満足できるぐらいの現状を再認識したことで返って後退したかも。

会場で席についたら大阪時代の友人が偶然真後ろに座っててスゲーびっくりした。
大阪からわざわざ東京までフットサルを見にきて、座ってたら広い会場の真ん前の席に横浜に移り住んだ私が座る確率ってかなりのもんだと思う。

ねーさん、きづっち、ゆっこさん、会えてうれしかったです。
今度こっちに来るときは泊まりに来てくださいね。



「フットサル全日本選手権準決勝」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ひさびさ球蹴り (2006/11/24)
 (2004/10/25)
初関東リーグ観戦 (2008/12/08)

私のフットサル近況

久しぶりに自分のフットサルの現状について。

昔と違って、うまくなりたいという気持ちがかなり薄れた。
怪我でほぼ二年間ブランク空いたおかげで、あれほどあった情熱も皆無に。
フットサルのない生活にすっかり慣れてしまっていた。

とりあえず体動かすこと、横浜でも交遊関係を構築することを目的に続けているが、かつてのような楽しさは正直ないし、これからも戻ることはないだろう。

バリバリやってたころ、決して上手かったわけではなかったが、少なくとも今よりは活躍できてたし、自分のプレーもそこそこ満足のいくこともあった。
今はまったくそうではない。

下手になり、情熱も失われたが、負けず嫌いのところだけは、昔のまま。
ラフにプレーして自己嫌悪に陥ることが多くなってきた。
やってて楽しくない。やればやるほど楽しくなくなる。それが私のフットサルの現状。

早く次の趣味を見つけないとなあと思う。ピアノとか弾きたいなあ。

フットサルはやるより、見るものに変わりつつある。
卒業する日は近い。





ランドマークのクリスピークリームドーナツにて。
チョコだらけ。おなかいっぱいでちょっと放心。
こういう顔ってすごくパパ似。
「私のフットサル近況」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
今度は指 (2007/09/13)
B・O・A! (2005/04/29)
boaレディース観戦記 (2005/07/11)

縦ドリ復活

最近、フットサルをやっていて課題としていたことが、ちょっとだけできるようになった。というか、またできるようになったと言うべきか。
それは縦に運ぶドリブル。

最後尾(フィクソ)でバランス重視&ローリスクなプレーをすることに慣れていたから、ドリブルという選択肢が頭の中からすっかり無くなっていたが、最近ちょっとだけドリブルを意識的に使えるようになってきた。

あくまでも今は組み立ての中での「縦に運ぶドリブル」であって、まだ点を取るための「勝負ドリブル」はできていない。

事故以前の自分のプレーと比較しては幻滅ばかりしていたが、後遺症以外にも年齢的な衰えは確実にあるから、そこは受け入れて折り合いをつけていくしかない。
今はまだ下手になってしまった自分を100%受け入れることができてないけど。

7月は仕事の都合上、ボールを蹴る機会がない。
最近両足の折れた箇所が痛いから、いい休養期間と考えて、イメトレしとこう。
「縦ドリ復活」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
妻、大会出場 (2008/11/17)
激闘の痕跡 (2005/08/10)
アジア選手権 (2007/05/13)

私も悔しい

今シーズンも競技系フットサルが始まった。
各地方の公式リーグ戦がスタート。

関西リーグ所属で、応援しているfunf bein(フュンフバイン)京都の試合は当然、関西だからなかなか見にいけないが、旧知のkim兄(監督)と連絡を取り合いながら、チームの状況をキャッチアップしている。
遠く横浜から影ながら応援したくて、某SNSでコミュニティを立ち上げてみたりもした。

先日、関西フットサルリーグの開幕戦があって、funfは引き分けたのだが、funf側の選手証に関して落ち度があり、後日に没収試合となってしまった。
勝ち点マイナス2の処分。

その落ち度はkim兄から電話で詳しく聞いたが、デリケートな問題なのでちょっと書けない。
ただ、詳細を聞いた私はkim兄が非難されるほどのことではないと感じた。
kim兄の口調からは悔しさが滲んでいた。私も悔しい。
kim兄はこの件でかなり辛い思いをしたようで、funfの監督を辞めようというところまで追いつめられたのだとか。
幸い、選手や周囲に引き留められて留任してくれたみたいでホッとしたが。

今回の1件で、Fリーグを目指すには、チームは勝ち点を積むだけでなく、サポーターや協会やスポンサーと良好な関係を築いていくことが重要なんだなと思わされた。

つくづくチーム運営って難しいと思う。競技系ならなおさらだ。
「私も悔しい」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
退化する夫、進化する妻 (2005/09/05)
縦ドリ復活 (2009/07/08)
初関東リーグ観戦 (2008/12/08)