プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2005/10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

温泉旅行in下呂 1

働き始めると平日休むなんてことは不可能になってくるので、「最後に旅行でも行くか」となった。
内定が出たその日のことだった。

すぐ雑誌「じゃらん」を買いに行き、パラパラめくって、私が決めたのは岐阜県の下呂温泉。
その宿にはホームページがあったので、さっそく見てみるとイイ感じ。
ホームページには予約できるページもあったので、すぐ予約。
「旅行でも行くか」の一言から、宿が決まるまで2時間ほどの早業だった。

朝、8時半に車で出発して、名神高速・京都南ICから東海北陸道・関ICで、そこから下道。
11時半には下呂に着いて、お昼ごはんを食べていた。意外に近い。
関ICを降りた後の下道は、紅葉がちらほら。あともう2週間ほどすれば、もっときれいだったかもしれない。

無料の足湯に入ったり、いろいろ付近をうろついた後、宿へ。


ロビーがイイ感じ。

部屋についたら即、浴衣に着替えて、風呂へ。
まずは内湯で体を洗っておかなければ、館外の露天風呂にはいけない。
すると男湯は私ひとりだった。広いお風呂を一人占め。
ぬるぬるすべすべのお湯にじっくり40〜50分は入っていたか。



風呂から出ると、読書サロンがあって、そこで妻を待つことにする。

そこでは水・お茶・コーヒー・紅茶がセルフサービスで飲み放題。コーヒー飲みつつ、新聞を読んで妻を待つ。妻が出てきた後も、そこで一緒にくつろいだ。なんて居心地がいいんだ。最高。
部屋に帰って窓の外を眺めると町を一望できて、こりゃまた良い眺め。

夕食は早めに18時からにした。
で、そろそろ時間なので、指定された場所へ行ってみると・・・(つづく)
「温泉旅行in下呂 1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日帰り箱根 (2008/11/24)
スーパービュー踊り子とワニとレゲエ (2009/09/01)
温泉旅行in下呂 2 (2005/11/01)

未熟な飼い主

だいぶ前の話。

トトの散歩をしていて、ある変化に気がついた。

私「なあなあ。トトって散歩序盤に、じょわ〜ってシッコしたら、もうシッコせんかったよなあ」

妻「う〜ん。それがどうしたん?」

私「いや〜なんかな、何回もシッコを分けてするようになってん。なんでかなあ?」

妻「なんやろうか?」

私「人間もさあ、頻尿ってあるやん。あれって病気じゃない?トトも頻尿なんちゃうかと思ってさ」

妻「病院連れてこっか?」

私「もうちょっと様子見よう」



この馬鹿飼い主夫婦が、メスもマーキングするということを知ったのは、しばらくしてからだった。
危うく、病院で恥をかくところだった。



「眠たいから早く撮って」
「未熟な飼い主」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
6歳になりました (2009/04/02)
はるとととと (2007/03/30)
痛い思い出(インスパイヤ) (2005/10/17)

雑誌「オレンジページ」から

妻が買ってきた雑誌「オレンジページ」がおもしろかった。
内容は料理とか収納とか雑貨・小物なので、完全に女性向け。しかも子供がいる女性っぽい。それでもしかし、私にはおもしろかった。
この内容で280円の雑誌ってイケてる。

熱心に読んでいたのは、レシピのページ。
おいしそうなものがあったので、早速作ってみた。


鶏肉とさつまいもの治部煮風

さつまいもをよく水洗い。輪切りにしてよく水にさらす。
鶏肉は一口大に切って、片栗粉をまぶす。

鍋に、だし汁・酒・みりん・しょうゆを入れて火にかける。
まず鶏肉を入れて、火が通ったら、さつまいもと白ねぎを入れて煮たら完成。
結構、簡単だった。

スーパーに買い物行ったら、さつまいもが目に入ったので、「よし。あれ作ろう」と雑誌を思い出したのだった。


この日の買い物で珍しいお菓子ゲット。キャラメルコーンのチョコ味。
他にもマロンとか抹茶とか、いろんなバリエがあったが、結局はオリジナルが一番おいしい。
「雑誌「オレンジページ」から」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
チョコレートケーキといえば (2007/03/18)
葉山で静養 (2007/03/12)
用語解説「塩レスラー」 (2005/07/17)

トラウマ?

こないだ噛まれたあたりから、トトの様子がちょっとおかしい。

というのも、妙に過敏になっているように見えるのだ。
例えば家の中にいて、家の前の道から話し声がすると、吠えて玄関までいくようになった。
以前は、ほとんど吠えなかったし、吠えるにしても、宅急便の人が呼び鈴を押したとか、来客があった時に限られていたのだが。

散歩中にも、他の犬に会うと、友好的でない犬に対して唸るようになった。
友好的でない犬にも尻尾フリフリで近づいていってたのに、吠えられたら吠えるし、唸られたら唸り返すようになってしまった。

神経が過敏になっている。
私と一緒に散歩していて、しかもリードにつながれていて安心できる状態で、襲われたことがトラウマになってなきゃいいが。だとしたら、信頼をまた勝ち取らなければ。


「おか〜さん、いってらっしゃい」
「トラウマ?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
寝かさない犬 (2007/07/27)
トト姉さん (2011/09/25)
mon toto (2004/12/14)

お知らせ

長かった無職期間を脱出することになりそうだ。
11月1日から働くことになった。

期待と不安が4:6ぐらいだが、踏み出さないことには何も始まらない。
かなり忙しいようなので、これまでのように毎日ブログを更新したりすることは、難しくなるかもしれない。いつも読んでいただいている方々には申し訳ない。

でも、これからは中身が充実したものになるのではないかと思っている。
毎日、外に出ていれば、それだけネタのバリエーションも増えると思うからだ。
乞う!ご期待!

でも、トトネタや主夫ネタが少なくなるだろうなあ。



「またおるすばんさせられんの〜?」
「お知らせ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ベビーカーのマナー (2008/05/27)
鉄道博物館 (2008/08/10)
駅で呆然 (2006/07/09)