プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2006/05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

Beautiful Name

我が家では、子供の名前を考えるのがブームだ。当たり前か。

子供の性別は「男のコ」ってわかっているので、2パターン考える必要がない。
それでも、名前を決めるのは大変だ。

私には、前から子供に付けたい名前があったのだが、いろいろ考えるうちに、「やっぱり親のエゴで名前をつけるのはどうなんだろう・・・」と思いはじめて、その候補の優位性はかなり揺らいでいる。

子供につけるとしたらどんな名前が良いか、という条件にはいろいろあるが、夫婦が一致する名前の条件は、

「名前で呼びたくなる名前」

である。

名前に魅力がなくて、もしくは呼びにくくて、苗字で呼ばれてしまうことだけは避けたい。
それにサッカー等のスポーツをする時に、例えば「ヒデ!」とか「ツネ!」とか「シュン!」とか呼ばれてほしいのだ。
とりあえず、この条件を最優先して、これからもより良い名前を探していこうと思う。


あ、そうそう。
私が思う名前候補の1つに「佑」というのがあった。
これは「ゆう」ではなく、「たすく」と読む。
元々は、私の命を助けてくれた子供というところから、「助」という字を使った名前はないかと、探していたら、たどり着いた名前だ(字、変わってるし・・・)。
しかし「たすく」という読みは、「task」となるので候補から脱落した。生まれたときから「仕事」じゃあねえ。「課せられた使命」と解釈することもできるが、親のエゴ丸出しの名前かなと。
第一「たすく」は呼びにくいし。

名前ランキングに載ってるような流行の名前は嫌、という私の考えが名前を考えることを困難にしているのはわかっているのだけど・・・。
「Beautiful Name」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
やっぱり嫌 (2011/01/12)
前髪パッツリ (2008/07/20)
KYなほうがいい (2010/06/07)

気がつけば12日前

ドイツワールドカップも気がつけば、もう12日前。
前回は日本開催だったこともあって、開幕が近づくにつれてこちらまで緊張していたが、今回は「あれ?いつ開幕だっけ?」というほど緊張感のない感じで、自分がいることがサッカーを愛するものとして失格だなと。

さて、今回の優勝予想は、




う〜ん・・・。
正直、ブラジルの対抗馬がどこにもない・・・。

私の中で、ワールドカップが盛りあがらないのは、このへんに原因があるな。


では、日本代表の話に絞って。

巻の代表入りは、予想通り。
危険な場面で体を投げ出したりできる、スピリットを持った選手は、こういう大会で絶対必要だ。
巻はゴン中山と鈴木師匠を足して2で割った魂を持つ男ではないかと。
コーナーキックやフリーキックの場面で、ニアでの潰れ役が適任だろう。巻にはかなり期待している。

それよりも、私にとってのサプライズは、久保が外れて玉田が入ったこと。
ジーコはもしかすると、アレックスのバックアップにしようとか思ってたりしないか不安。

攻撃面で中田ヒデと小野はあまり期待していない。
中村俊輔の出来次第で、日本の成績が決まるのではないかと予想する。

一方、守備面では、宮本ツネ様が大の苦手にする「高さ」を持つクロアチアとオーストラリアにどう対処するかが見物。各チーム共、3バックの攻略法は心得ているだろうから、加地・アレックスの両サイドが上がった後のスペースへ長いボールをどんどん入れて、対処せざるを得なくなって、サイドへつり出された中澤の上をクロスが飛んで失点なんて、見え見えのパターンだけはやめてほしい。寒すぎる。
「気がつけば12日前」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
アジアカップ感想 (2011/02/02)
ガンバ大阪VS鹿島アントラーズ行ってきます (2005/09/23)
北朝鮮次第の突破ライン (2005/03/30)

母の日に2

母の日には花をプレゼントした。

母の日直前になると、花の価格は高騰するが、かといってケチるわけにもいかない。
花束で渡そうと思うなら、値段をケチれば、かなり貧相なものになるからだ。
花束は、ボリュームも大事。

気持ちのこもったメッセージカードなどをつけたりすれば、相手は花がたとえ一輪だったとしても喜ぶものだ。
しかし私の母親には、家に来客があったときに、目立つようなものが良い。
というか、私もせっかくあげるからには、より多くの人目に触れてほしいと思う。

で、そんな思いを知ってか知らずか、妻が買ってきた花はこれ↓。



妻は「交際費は絶対にケチるな!」というモットーをもっている。
なので、私が言わなくともこういったことにはお金をかける。
友人付き合いには、かなりうるさい人なのだ。

上の写真は、母の日から一週間後に撮ったものだが、玄関を入ったすぐ正面の一番目立つところに置いてくれていた。
かなり喜んでくれたみたい。あげてよかった。
「母の日に2」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
久しぶりにケーキ (2009/04/09)
初TOEIC (2007/09/30)
ヒマヒマ盆休み (2005/08/17)

サカつくEU

最近、珍しくゲームばっかりやっている。
ブログの更新が頻繁でないのもそのせいだったりする・・・。
私がやるゲームといえば、サカつくシリーズしかないわけで。

「サカつく」とは「プロサッカーチームをつくろう」というSEGAのゲームシリーズのことで、プロサッカーチームを経営していくというもの。
自分では試合中に選手を操作することはできず、監督として采配を振るうことはできる。

今、やっているのはサカつくのヨーロッパ版。
1度、行って好きになったフィレンツェを本拠地にクラブを設立して、今はまだ5年目のシーズン中。
1年目にプレーオフでかろうじて、セリエA(一部リーグ)に昇格したものの、2年目には降格しそうなところをギリギリ残留。
経営的に安定してきた3年目は監督やコーチにお金をかけたら、7位までジャンプアップして、UEFAカップ出場権を得た。
4年目にそのUEFAカップに出場したもののベスト16で敗退。トーナメント1回戦でバイエルン・ミュンヘンと当たるとはツイてない。
で、今プレーしている5年目のテーマは、選手の世代交代を進めながら、結果を残すというもの。

ああ、ホントはもっと詳しく書きたいが、読んでも訳がわからないだろうから、このへんで。
「私もそのゲームやってるから詳しく教えてくれ」という方はぜひコメントを。
「サカつくEU」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
バーレーン戦 (2008/09/09)
戦時下ニッポン (2005/02/08)
サッカーワールドカップ南アフリカ大会最終予選 (2008/09/03)

母の日に

母の日にいつもお花をプレゼントしている。もちろん両家に。

でも、今回はお花はもちろん渡すが、私の母がどこかへでかけたいと言っていたので、希望を聞いたら、植物園に行きたいという。
京都の宇治にある植物園に行くことにしたのだが、その途中に母が前に友人に連れてきてもらったお店があるので、そこでお昼を食べることにした。

そのお店は、私も好きな「in the mood」というお店の器を使っているので、料理もさることながら、器が良い。



料理は、無国籍風な和食って感じ。「とうもろこしごはん」が意外な食感でgood。




お店も自然光がいい感じ。

京都府京田辺市にあるJR松井山手駅から車で3分ぐらい。
お店の名前は・・・・、すいません。忘れました・・・
「母の日に」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
iPhone 3GS 16GB 白 (2009/08/03)
初ハイブリッド (2009/02/17)
茶の菓 (2010/10/11)