プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2007/01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

徒然なるままに書き連ねる

左上の写真を変えたのだが、お気づきだろうか?
「ん?変わってないよ?」という方は「更新」をクリック、もしくはキャッシュファイルを削除すれば見れるはず。


先日、またスパムの攻撃によって、ブログに書きこみができなくなっていた。
記事番号がすべて「1」になるという現象は、前と同じ。なのでどうすれば直るかわかっていたので、なんなく修正できたが、前回に攻撃されないように対策をとったはずだったのに、また改変されていたことがショックだった。
ブログのツールを変えようかと思っているのだが、なかなかまとまった時間が取れないので、選定から移行までの作業をする気になれないのだ。


そういえば、壊れていたマンションの立体駐車場の修理見込みが数ヶ月後とのことなので、諦めて近隣の平面駐車場を借りることにした。
マンションからかなり急な坂と階段を昇らなければならないので、妻が遥音と買い物荷物を持って、家に帰ることができるのか心配だが、そこの駐車場を借りるのは数ヶ月間のことなので、がんばってもらうしかない。
駐車場も決めたことだし、さっそく次の土日にトトちゃんを迎えに行くことに決めた。
せっかくフットサル全日本選手権が駒沢でやるのに、関西に帰らないといけないことが悲しく感じられるが、家族のためだ。しょうがない。でも決勝戦ぐらいはみたいなあ。



スーパーで見たウインナーの飾り切り。私もライオンとか作りたい。
「徒然なるままに書き連ねる」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
話せる時が来たから (2010/11/14)
むっちゃ怖がり (2010/02/26)
引越準備メモ (2010/06/17)

ILLUMS



前からずっと欲しかったマグカップ。

大阪にいる頃からいろいろ探していたのだが、なかなかこれといったものが無かった。

横浜にきて、これいいなと思ったものが見つかったのだが、妻とペアで買いたかったので、妻がこっちにきてから買おうと、買うのをガマンしていたまぐカップ。
それがILLUMSのマグ。

お気に入りのカップで、おいしいコーヒーをのんびりと二人で。
明日が3回目の結婚記念日。

明日ぐらいは早く帰れるかしら・・・。
「ILLUMS」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Cupmen (2010/05/24)
totoBIG (2008/05/21)
区民体育祭(その1) (2005/10/13)

落胆と歓喜と憂鬱と

先週末は両日とも出勤したので、この週末が妻と遥音が横浜に来てから、初めて迎える3人での休日だった。

妻の溜まったストレスは爆発寸前だった。

自分の引越しの荷物を片付けたいのに、遥音のご機嫌が悪くて、はかどらなくてイライラしていた。
私の帰りが毎日遅いので寂しいけど、気を紛らわせようにも、車がないから出かけられないし。
ある日、妻に「やっと終わった。今から帰るよ〜」とメールをしたら、「ごはんできてない。もう嫌。助けて。」というメールが帰ってきてドキっとした。
帰宅すると、いかに一日大変だったかを矢継ぎ早に話してきた。
「相当ストレス溜まってるな。こりゃマズい・・・」と、この週末どこかに出かけて気晴らしさせるべく、あまり遠くないところでちょっとした観光ができるところをということで、前から行ってみたかった鎌倉へ行ってみることにした。
鎌倉まで電車で15分。お手軽な非日常。



鎌倉の大仏って思ってたよりずっと小さくて、なんかがっかりした。



江ノ電に乗れたことがうれしかった。




その夜、家に帰って遥音を床に寝転がらせて遊んでいると、ふと「寝返り」ができた。
思わず興奮ぎみに声を出した。

私「うわっ!できた!寝返りできた!今の寝返りやんな!」
妻「え〜!?見てなかったわ!なんで最初の寝返りをあんたが見んの!ずっこいわ!!」

偶然できただけかもしれないので、もう一度やらせてみると、やはり間違い無く寝返りを会得したようだ。
寝返りができて笑っている遥音に、私も笑顔で返しつつ、瞳はウルウル。またひとつステップアップした息子の成長に感動した。

しかし、寝返りができるようになったということは、ベッドやソファーから転げ落ちる可能性が生まれたということも意味している。それを思うとまた一つ心配事が増えてしまったと、気を引き締めなおす夫婦だった。
「落胆と歓喜と憂鬱と」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
遥音に彼女ができました (2010/06/11)
父の日保育参観 (2011/06/20)
前髪パッツリ (2008/07/20)

泣く犬に泣かされる飼い主

妻から聞いた話。

妻がこちらに引越ししてくる前の日のこと。
荷物をあらかた梱包して、引越し屋さんに渡したのを見ていたトト。
自分を置いて、妻が遠いところに行ってしまうことを感じたのだろう。
妻が居間にいると、トトが近づいてきてゴロンとお腹を見せてきたので、お腹を撫でてあげたらしい。
その時トトは目に涙をいっぱいに溜めていたのだと妻は言う。

その話を聞いて、思わずウルウルしてしまった。

犬を飼っていない人は信じられないかもしれないが、愛情をいっぱいかけた犬とは心から通じあえると思う。
だからトトが涙を流したとしても、なんら疑うところはない。


早く迎えに行きたいんだけど(;_:)
「泣く犬に泣かされる飼い主」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
うろたえる飼い主 (2006/06/27)
クリスマスイブの夜に (2004/12/24)
お宅は何拍子? (2008/04/16)

まだそろってない

週末に妻と遥音が横浜に来てくれた。
朝、5時起きして、10時には新横浜に。私はそこまで迎えにいき、一緒に横浜の家に。
そこから私は休日出勤。しかも土日両日。あ〜しんど。

これからついに横浜で家族そろって新生活と言いたいところだが、一人欠けている。


もちろんトト。


実は、マンションの駐車場を1月から契約しようとしていたのだが、年末に立体駐車場を制御する制御盤が壊れたらしく、車を停めることができなくなってしまったらしい。
私が車を取りに大阪へ帰り、トトとともに横浜へ超ロングドライブ、妻と遥音は新幹線で、と考えていたのだが、車を持ってきても置くところがない。
駐車場が直るまで引越しを延期しようかとも考えたが、いつ駐車場が使えるようになるかがわからないので、ひとまず妻と遥音だけ来てもらったというわけだ。

引越業者で、「ペットの引越しサービス」というものがあったのだが、引越業者の担当に詳細を聞いてみると、「外部の業者に出すからあまりオススメできない」と言われたし、トトに何かあっても大変なので、やはり自分で迎えに行くことにしたのだ。

トトだけ妻の実家に居残り。
トトちゃん、もうしばらくガマンしてください・・・(涙)。
「まだそろってない」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
みんなまとめて幸せに (2006/07/13)
いちばんガマンしてるコ (2011/04/29)
散歩復活犬 (2006/08/01)