プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2007/08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

いいぞ!その汗!

子供の新陳代謝ってハンパない。
すごい汗の量だ。
ちょっと昼寝したら背中とか頭とかびしょ濡れ。
なので一日に何度も服を着替えないといけない。

そういえば、遥音が生まれる前に比べて水道料金が倍以上になった。
それまでは2日に1回か3日に1回洗濯すればよかったのだが、今では毎日しなければならなくなったのが1つ。
それと、お風呂のお湯は追い炊きを使い、新しいお湯は2日に1回しか入れなかったのが、新生児には衛生面を考え、新しいお湯を毎日入れるようになったのが1つ。




着替えるついでにシャンプードレッサーで汗を流してさっぱり。




きれいさっぱりうれしいね♪


子供は汗をかいて、汗腺を発達させるべし。
「いいぞ!その汗!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
おんせんいきたいの (2010/02/16)
息子たち近況 (2012/03/03)
父の日保育参観 (2011/06/20)

犬ソファ

最近、会社の人から「レミオロメンのボーカルに似てる」と言われて、喜んでいいのか悲しんでいいのかよくわからないRyuです。こんばんわ。


遥音はトトのことが大好き。
泣いている遥音にトトが寄っていけば泣きやんだりもするぐらい。
お座りしているトトの首あたりにしっかりと抱きついてみたりもする。
最近ではこんな感じ。



これじゃ友達とかそんなんじゃなくって、快適な「物」として好きなだけに見えるな。

トトは遥音のことをできるだけ避けていて、遥音が寝ているときだけリビングに来るが、それ以外は私の机の下に避難している。
遥音は上の写真のように寝ているトトをソファのようにするのがお気に入りだが、遥音がその体勢に入ろうとすると、トトは立ち上がろうとするので、遥音はトトから滑り落ちて、床に頭をぶつけることもよくある。

最近のトトは遠慮なく逃げるようになった。遥音もだいぶ大きくなってきたし、そろそろ「生命の危機」を感じとるようになってきたのかもしれない。
「犬ソファ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
掃除のお手伝い (2010/06/03)
赤子の知らせ (2009/03/25)
おいしいやさん (2010/08/29)

雑草魂

かつて同じチームでボールを蹴った仲のKIM兄さんのブログ「Alma Valente」をリンクに追加しました。
今やフットサル関西リーグのチームの監督になったりと、活躍されているのがなんだか誇らしく思います。私が親友と呼べる数少ない人の一人です。

WEBデザインの仕事をしているKIMさんのセンスを見るにはまずブログから。
「雑草魂」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
home=横浜 (2009/09/08)
赤レンガ倉庫 (2008/07/22)
買い物ついでに (2006/06/17)

もうすぐ1歳

早いもので、遥音が生まれてもうすぐ1年になる。
遥音が生まれる前の1年間と生まれてからの1年間を比較すると雲泥の差。比較する対象が悪すぎるけど、それにしても良き1年だったと思う。

疲れて帰宅して、玄関のドアを開けると遥音が「うきゃ〜っ!」とトトと先を争って駆け寄って、出迎えてくれることで、疲れが吹っ飛ぶ。

すくすくと成長してくれる遥音と共に自分もますます「父親」らしくなれたと思う。ただ人間として成長したかどうかは自信がないけど・・・。

七五三や入園式や入学式、この先まだまだいろいろ節目となることが待っている。
その節目にどれだけ立ち会えるかわからないけど、できるだけ一緒にその瞬間を見届けたい。




と言いつつ、いきなり1歳の誕生日当日は離れ離れだったりするので、誕生日前々々夜祭を挙行。
ごめんね。遥音。

「もうすぐ1歳」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
遥音語録08/11 (2008/12/01)
いいぞ!その汗! (2007/08/31)
赤子の知らせ (2009/03/25)

なぜか重なる

横浜を出たのが金曜日の1時。正確には土曜日の1時だけど。
で、大阪の妻の実家に姪と甥を送り届けたのが、夕方17時だったから、実に16時間もかかったわけだ。おかげでいまだに体がしんどい。

お盆休みはというと、12日にフットサルのリーグ戦に出て、その後T島夫妻にできた息子さんに会いに行くという予定しかなかったのだが、実家に着いたら、12日に兄家族と母と共々、父の墓参りに行くことになっていたらしく、フットサルも渉くんにも会えなくなってしまった。
しかもののじさんや前田信者さんからのお誘いも12日だったから、泣く泣くお断りせざるをえなかった。

13日と14日はなんも予定なし。前もってスケジュールを埋めるべきだった。残念。
わいの負けやで・・・
「なぜか重なる」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
10年間お疲れ様でした (2006/06/15)
in my life (2010/01/06)
9/16の晩ごはん (2010/09/17)