プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2008/03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

5歳になりました



トトが5歳になった。
5歳になったその日は、家族みんなで近くの公園へお花見&お散歩。
トトはお花見に来ていた家族連れに囲まれてちょっぴり戸惑い気味。トトは子供が苦手だし。
公園に行ったら、ある男の子が私の足をトントンつつくので、「何?どうしたの?」って聞いたら、
「ちょっと聞きたいことがあります」
と驚くほどかしこまった言葉にずっこけそうになった。
「この犬はお手をしますか?」と聞くので、「おやつがないとしないよ」と冗談のつもりで言ったら、すごいガッカリした様子だったので、みんなに囲まれて緊張気味のトトにコマンドを出してみたら、なんだか周囲を警戒しながらもやってくれて、男の子も納得した様子で親の元へ帰っていった。
トトGJ。

トトが来てからもう5年も経つのか。
最近、トトのアゴは白い毛に覆われている。
5歳っていうと人間でいえば中年だもんな。
股関節形成不全の診断を受けてからは、後ろ足で立つ姿勢は極力とらさないようにしたり、フードをグルコサミン配合のものに変えてみたり、気をつけてはいるが、犬かき黒ラブさんとこのノアちゃんの話を見ていたら、トトも一度、信頼できる獣医さんのところで精密検査してもらいたいと思うようになった。その信頼できる獣医さんが横浜ではわからないので、実家に帰ったときに見てもらうつもり。次に帰るのはGWだけど、やってんのかな?ちょっと不安。

今日は久しぶりにトトを洗濯。
まだあんまり毛が抜けなかったので、洗いやすかったけど、これから抜けていくんだろな。
いいニオイになったトトに顔をうずめてみる。
う〜ん、まだちょっと犬くさい。
でもこれが私にとってはいいニオイ。
「5歳になりました」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
痛い思い出(インスパイヤ) (2005/10/17)
なぜに斜面か (2005/01/11)
トトだってやればできるはずだけど (2005/01/05)

バーレーン戦

負けた。
予選は結果がすべて。

試合後、岡田監督はオシム色を排して、独自色を出していくことを明言したという。

オシムの後任を探すにあたって、日本サッカー協会はオシムジャパンの2年間の方向性を引き継いでいける人物を探していたのではないか。
その人物として岡田監督を代表監督に据えたサッカー協会は、その監督が自分のやりたいようにやらせてもらうと、反旗を翻したわけで。
そりゃ、予選だから結果が最優先に決まってる。
でも、サッカー協会がオシムとこれまでやってきたことを否定して、まったく一からやり直すことを明言したも同然なわけで。
サッカー協会は、このまま岡田監督の意向に合わせていくのだろう。このタイミングで監督更迭はありえないし。

そもそもプロフェッショナルな監督が、「他人の哲学をコピーして仕事してくれ」と依頼されて引き受けるだろうか。世界中の著名な監督はそれぞれの哲学を持っている。その哲学ゆえに名監督なわけで。
そんな無茶な後任探しなどせずに、最初からオシムに似た哲学を持った監督を連れてこればよかったのだ。
そもそも世界のサッカーは走って当たり前。そういう哲学を持った監督は少なくないだろう。探せばいるって。
ドイツのダウムとかどうだろうか。麻薬で逮捕歴があるから入国できないか・・・。

日本サッカー協会の一貫性のなさは、今に始まったことではないが、サッカーは現場だけで強くなるものではないということを今一度、協会の方々には肝に銘じてほしいものだ。
「バーレーン戦」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ひさびさJリーグ観戦 (2005/10/07)
悲しいニュース (2004/07/30)
諦めるのはまだ早い (2006/06/13)

回復途上だけど

土日に活動しているフットサルチームを探していた。
ビギナーレベルよりはちょっと上だけど競技系ではない、ってぐらいのチームを探したかったが、今の自分の実力を考えると、そういうチームに入ってもついていけないだろうと思って、ビギナーよりもさらに下のスーパービギナーやウルトラビギナーレベルでもいいやと間口を広げてみた。

妻も一緒にプレーできたらいいなと思っていたが、コンタクトしたミックスチームから「男女とも経験者は募集してません」との回答が来たら、なんだか嫌気がさしてミックスチームは諦めた。

で、横浜に来てから初めて、男チームを探すことにしたが、ミックスチームよりもだいぶ選択肢が広がった。当たり前か。
「わりと近くで毎週土日のどちらかの午前中に体育館で練習しているチーム」を念頭に探したら、スーパービギナーレベルだけど、なんか良さそうなチームを見つけたので、早速コンタクトを取って参加させてもらった。

そしたら私のようにお試し参加の人が他にもいて、その人たちがそこそこのレベルだったので楽しめた。
既存のメンバーもサッカー経験者が数名いたんで、思ったよりはマシ。しばらくお世話になることにした。
毎回、体育館でフットサルができる幸せは関西のフットサルプレーヤーならわかってもらえるはず。
フットサルはインドアでやるスポーツだし、参加費が1回100円とか200円だし。
またコンスタントにボールが蹴れる環境が整ったら、やっぱりフットサルって楽しいと思えるようになった。
あとはどれだけ昔のプレーレベルに戻せるか。

でも右足親指があんまり曲がらない影響で、足裏でボールを引く動きが力弱い。
歩き方・走り方が親指で地面を蹴ってないから右足だけ痛くなるし、「あ〜やっぱり昔みたいに動けないなあ」と思いはじめた今日この頃。

やっと最近、ボールを持ってもテンパらなくなってきた。体だけじゃなく頭も戻ってきつつあるようで。
あともう少し筋力が戻ってきたら、選択肢にドリブルが入ってくるかな。今はまだ自信がない。
「回復途上だけど」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
祝!初優勝! (2009/02/04)
応援する競技系フットサルチームは (2005/07/09)
ストレスの溜まる週末 (2005/08/08)

イタズラ電話にご注意

20080324131808
ふわふわで肌触りがよくって気持ちいいらしい。
はっきりした色ってのも好きなんだろうな。

遥音は携帯電話が大好きだ。携帯をテーブルの上に置いていると、勝手にいじくっている。キー操作無効にしても解除できたりもする。まあ決定キーを長押しするだけだから、たまたまできたみたいだけど。

ブログを読んでる人にも何人か被害者がいるが、遥音が携帯をいじくってる間に、電話帳や着信/発信履歴から電話をかけてしまうことが度々ある。
私にも仕事中に妻から電話がかかってきて、「こんな時間に電話かけてくるなんてなんかあったのか?」と慌てて出たら、電話口で遥音が「はぁはぁ」言っててずっこけたり。

そんなわけで、私や妻から電話がかかってきて、「はぁはぁ」言ってたら、怪しいエロ電話じゃないよ、ってここに宣言しときます。
「イタズラ電話にご注意」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
「あ〜ん」ってして (2007/09/17)
トイレトレーニング (2009/06/09)
Don't touch!(遥音語録) (2009/06/04)

Crazy Train

youtubeネタばっかですいません。

オジー・オズボーンの歴代ギタリストで一番好きなのは初代のランディ・ローズだった。中でも「Crazy Train」は一番好きな曲で、オープニングのリフから鳥肌モノなのだ。

しかし、これを弾いてる人が男じゃないかって話。たしかに手は男の手だよなあ。男でも女でも関係なくこれだけ弾けるのはすごい。


「Crazy Train」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
空腹の秋 (2004/10/01)
あすかちゃん (2004/11/26)
声が出ないので (2005/01/08)