プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2010/01 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

私のフットサル近況

久しぶりに自分のフットサルの現状について。

昔と違って、うまくなりたいという気持ちがかなり薄れた。
怪我でほぼ二年間ブランク空いたおかげで、あれほどあった情熱も皆無に。
フットサルのない生活にすっかり慣れてしまっていた。

とりあえず体動かすこと、横浜でも交遊関係を構築することを目的に続けているが、かつてのような楽しさは正直ないし、これからも戻ることはないだろう。

バリバリやってたころ、決して上手かったわけではなかったが、少なくとも今よりは活躍できてたし、自分のプレーもそこそこ満足のいくこともあった。
今はまったくそうではない。

下手になり、情熱も失われたが、負けず嫌いのところだけは、昔のまま。
ラフにプレーして自己嫌悪に陥ることが多くなってきた。
やってて楽しくない。やればやるほど楽しくなくなる。それが私のフットサルの現状。

早く次の趣味を見つけないとなあと思う。ピアノとか弾きたいなあ。

フットサルはやるより、見るものに変わりつつある。
卒業する日は近い。





ランドマークのクリスピークリームドーナツにて。
チョコだらけ。おなかいっぱいでちょっと放心。
こういう顔ってすごくパパ似。
「私のフットサル近況」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
縦ドリ復活 (2009/07/08)
小さくまとまるな (2005/09/16)
B・O・A! (2005/04/29)

LEGO photo

iphoneの無料アプリでおもしろいものがあったので、ダウンロードしてみ
た。

LEGO photoという写真アプリ。
撮った写真をレゴブロックで作ったように変換してくれるアプリケーションだ。




これ私。





これトト。





これハル。



モザイクのように離れてみると、実像に近く見える。

写真をLEGOに変換するときにいろんな色のパターンから選べるのだが、画面にタッチしていくとどんどん色が変わっていく。
そのときの音が非常に心地よい。

iphone持ってる人はオススメ。
無料アプリだしね。
「LEGO photo」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
踊り子の旅に決定 (2009/08/27)
ある日、妻がひさしぶりにとがんばりました (2005/04/22)
さっそく奈良へ(オマケ) (2010/05/10)

ひさしぶり!ハル!

12月末の第三四半期末決算の業務がようやくひと段落した。

1月4日の初出から休みが1日しか取れなくて、疲れのピークを迎えていたから、ほっと一息という感じ。
まあ休日出勤もたいてい午後からの出勤だったから、睡眠は取れてたんだけど。

朝、出勤するときにまだ遥音はたいてい寝ている。
夜は夜で、遥音が起きてる時間には帰ってこれないことが多く、何日も起きてる遥音に会えないことがよくある。
週末も休日出勤。しかし休日出勤の朝はゆっくり行くので、ようやく起きてる遥音に会える。
起きてきた遥音が私がいることに気がついて、うれしそうな顔をしてくれた。
私は「ひさしぶり〜!ハル〜!」と抱きしめると喜んでくれた。
ホント、君がいるからがんばれるよ。

でも出勤のため、昼前に出かけようとすると、遥音がものすごい寂しそうな顔をして見送ってくれるから、会社に行きたくなくなってしまう。
「はんちゃんもかいしゃいく〜♪」なんて言われて、後ろ髪引かれながら重い足取りで一人会社へ向かう。

忙しくてなかなかハルと遊んであげられない私に、妻がこんな話をしてくれた。

平日の昼間に妻と公園から帰ってきたハル。
玄関のドアを開けたハルの第一声が
「ただいま〜!パパ〜!」
だったらしい。
当然誰の返事もない。
すると「あれ〜?パパおらんな〜」と首をかしげて妻に報告したんだそうだ。

その話を聞いて私は、遊んであげられない申し訳なさと、ハルに忘れられてない喜びと、そして元気の出る話を教えてくれた妻に感謝。

24日は結婚記念日。6回目。
ちょうど週末だから、近くのビストロでランチの予定。
さすがにもう休めるはずなので、ハルといっぱい遊びたい。
はよ週末にならんかな。
「ひさしぶり!ハル!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
バーバーRYUへようこそ (2008/03/17)
ママそっくり (2011/04/09)
やっぱり嫌 (2011/01/12)

食欲の冬

最近のトトはなぜか食欲旺盛。
トトはラブラドールと思えないほど食が細くて、フードも残したりするような子だったのに。

昔は突然、ハンガーストライキが始まって苦労させられた。
ある日突然何も食べなくなるのだ。
それが長いときは1週間続いたりすることも。
お腹空いてキュルキュルなってるくせに食べないから、フード変えてみたり、おやつあげたり。フードに鹿肉のふりかけかけたこともあったなあ。高いやつ。
あの手この手を使っても効果はイマイチだったけど。
こちらの心配をよそに、ある日から突然食べるようになるから、ハンストの理由がよくわからないまま今に至るわけで。
体調不良なのか抗議なのかは今でもよくわからない。

一番効果あったのはドライフードをお湯で戻して、ウェットフードっぽくする作戦。
お湯で戻すと、においが増幅されて食欲がかなりかきたてられるはず。
もしかすると、胃腸の調子が悪いから人間でいうところのお粥であるウェットフードで、体調を自分で整えているのかもしれないけど。

食欲旺盛な最近のトトは、ごはん前のお手が超高速。もうすぐ7才だからシニアフードに変えていこうかという今になって食欲があるのは嬉しい。

そういえばフードにふりかけているグルコサミンも効果が出ているみたいで、歩き方が変わった。
股関節形成不全のコに多い、腰を左右に振る歩き方だったのが、普通に歩いてる。
今まで大きな病気になったことのない親孝行なトトちゃんだけども、いよいよシニアにさしかかる。
今まで以上に注意を払っていかなきゃいけないな。


トトと私。散歩中。
「食欲の冬」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
散歩トラウマ (2005/07/26)
スイカに釣られる犬 (2005/08/06)
噛みグセ (2005/01/20)

in my life


またまた借りてきたBEATLESのアルバム。
「RUBBER SOUL」
「REVOLVER」
「SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND」
「MAGICAL MYSTERY TOUR」
「THE BEATLES(WHITE ALBUM)」の5枚。いや正確に言うと5作品6枚か。


さて今回借りたのは中期〜後期のアルバム。
前回借りた初期の頃と違って、ライブとかやらなくなって、スタジオに篭って実験的な音を追求していく時期の音。

インド音楽と出会ってシタールを取り入れてみたり、ちょっとテクノっぽい電子音を入れてみたり、いろんな音楽の要素がふんだんに取り入れられていて、「ホントに数十年前の音?」と思うぐらい今に通じるものがある。
というか、ビートルズの影響からは逃れられないんだろな、現代音楽は。



しかしジャケ写真を見れば見るほどジョージ・ハリスンは2丁拳銃の小堀にソックリだよな。
「in my life」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
TDL出発前夜 (2005/06/22)
スマート関東 (2008/07/01)
大阪解説 (2009/03/10)