プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2010/02 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

むっちゃ怖がり

週末にやっとこスノボに行こうといそいそ準備。

前に買っておいたタイヤチェーンの封を開けて、実際に装着する練習をしてみたら、けっこう苦戦した。
説明書をななめ読みしながらの作業で、説明書をよーく読んでなかったから苦戦しただけで、実際はめっちゃ簡単だった。
車を停めたままでもつけられるっていいね、簡単、画期的。

しかし妻のウェアと遥音のウェアをまだ買ってないことに気がついた。
前日の夕方になって妻が慌てて、買いに走るものの、近くのヴィク◯リアは改装中。BOOK ◯FFで古着を探すも意外と高く、状態も悪い。

そこで萎えてしまい、またまた延期。
もう今度は一人で行くつもりで準備しよう。

で、急にヒマになった。
ここで普通はウェアを探しに行き、次に備えると思うのだが、妻は
「どっか出かけようや〜」って。
また私に行き先を決めさせようとする。

で、近場でお出かけ、かつ行ったことないところという条件で思いついたのが、新江ノ島水族館。家から20キロ足らずの近場へ行くことにした。

ここのメインはイルカのショーだが、ショーの時間までは普通に水槽に入った魚を見る。
しかしなぜか遥音が怖がって進んでくれない。しまいには泣き出してしまったので、急いで一旦外に連れ出す。
どうやら暗いところで大きな波の音がしたのが怖かったみたい。
時間は早いがイルカショーの会場に座って、寒さに震えて待つこと30分。
ショーを見たら遥音の気分も落ち着いて、また暗い室内の水槽エリアに戻ってくれるかと思ったが、やっぱりダメ。
あっという間に帰路についた。もったいないけど、しょうがない。

何度か行った八景島シーパラダイスでは怖がることなんかなかったのになあ。
妻に似てむっちゃ怖がりな遥音。
私にしがみついて離れない我が子は情けないが、そういうところもかわいい。




天気が良かったから海沿いを歩くのは気持ちいい。
「むっちゃ怖がり」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
山下公園にて (2010/03/15)
ねぎぼうずのあさたろう (2012/01/24)
靴の修理で (2012/02/07)

トトちゃん動画



ネタがないときゃ動画でお茶を濁すのが一番、というのは冗談。
うちの長女トトちゃんの今朝の様子。

リンゴをお行儀よく何度も噛んでから食べるのが可愛くて、いくつもあげてしまう。
「トトちゃん動画」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
かつての散歩道 (2008/01/08)
寝かさない犬 (2007/07/27)
よどみのない空気の流れ (2004/10/15)

草食系スイーツイクメン

◯◯男子という言葉が出てきて久しい。
たとえば草食系男子。
他にもスイーツ男子やら弁当男子やら他多数。
なぜかそれらに八割方当てはまる管理人Ryuです。こんばんは。
34才にもなって流行の真ん中にいるのも変な気分・・・。

最近は「イクメン」という言葉も出てきた。
育児に積極的な男性を言うらしいが、これまた当てはまる私。

遥音と二人で出かけると、よく年配の女性から応援の声をいただく。
「パパと二人でお出かけなんていいわね〜。パパは大変でしょう。頑張ってね〜。」という類いのもの。
育児に父親が積極的に参加することを社会が応援しようとする空気が少しずつ出来てきているのだろうか。

ファザーリングジャパン
という組織をご存知だろうか。
活動がたびたびメディアに紹介されており、私も興味がある。
父親の育児参加を応援する活動を行っている団体で、講演などを通して、育児経験の重要性や父親も育児休暇を取れるように呼びかけたりしている。
彼らの活動のおかげか、最近はまだ未婚なのに育児に関心があって、講演などに参加する男性が増えているとか。

育児に積極的に参加することは素晴らしい体験で、この経験はいつかきっと何かの役に立つだろう。

そして育児に協力的な父親のいる家庭はきっと円満だと思う。
私の中の父性を目覚めさせてくれた妻よ、ありがとう。
遥音という宝物を授けてくれてありがとう。




わん。
「草食系スイーツイクメン」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
父の日に (2010/06/28)
おこだでませんように (2011/04/14)
よろこぶわ〜 (2010/04/09)

おんせんいきたいの

フットサルをしなくなってからというもの、休日は遥音と遊ぶことが多くなった。

この冬に一度、雪一面の銀世界を見せてあげたいと思っていて、とりあえず非金属の車用タイヤチェーンを買った。
あとはいつゲレンデに行くか決めるだけだが、体調を崩している妻次第。

先日、一人で7年振りのスノボに行こうかなと思ったが、体調の悪い妻に遥音を預けて一人で遊ぶのも気が引けたのでやめておいた。
急遽ヒマになったので、遥音に「どっか行きたい?」と聞くと、「はんちゃん、おんせんいきたいわ〜♪」と即答。
近くのスーパー銭湯にでも行こうかと思ったが、何度も行った箱根湯本の立ち寄り湯まで思い切って行くことにした。
12時半に出発して13時半には現地着。ちかっ。

現地に着いて「先、ごはんにする?お風呂にする?」と聞けば「おふろ!」とこれまた即答。
男二人で温泉に浸かること30分。いくつもある湯舟をはしごする遥音は実に楽しそうだった。
私が途中、頭を洗っている間も遥音は一人で湯舟に。
大きな湯舟に3才の男の子がちょこんとおとなしく座っている姿はホントかわいかったなあ。

風呂上がりに箱根湯本の駅前でお蕎麦をすすり、震えながら珈琲ソフトクリームを食べ、妻へのおみやげを買ったら帰宅。
あんまり遅くなると東名の渋滞がひどくなるので、その前に退散。それでも帰路は1時間半かかった。

帰りの車で熟睡する我が子の顔を見て、幸せを噛みしめる。

どうかこの幸せが永く続きますように。




箱根湯本の蕎麦屋十六夜にて。
隣の席の中国人グループが遥音の写真撮ってた。
撮る前に一声かけてよね〜。
「Can I take a picture?」とかさ。
「おんせんいきたいの」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
愛想大サービス (2007/12/21)
すげ〜よ!かあちゃん! (2006/09/20)
ぺとぺと理央音 (2012/04/28)

ちょっと成田まで

先日、ふと思いついて遥音と二人で成田空港まで行ってきた。
ちなみに妻は一人でフットサルへ。

目的は飛行機を見ることと成田エクスプレスに乗ること。
横浜から飛行機見るなら羽田のほうが断然近いのだが、鉄男二人旅なんで。
最寄り駅から横浜まで二駅。そこから成田エクスプレスに乗った。予定通り新型。



車内はこんな感じ。高級感ある〜。


YahooのBBモバイルポイントかUQ WiMAXの無線LANが使えたり、車内販売があったり新幹線のよう。
遥音のテンションが上がってるのが嬉しい。成田まで100分。指定料金込で片道
4000円ほど。往復するとけっこうな額になるけど、思い出代ってそんなもん。
ちなみに復路は旧型の成田エクスプレスだったから新型と比較できてちょうどよかった。断然新型の勝ち。



新型の写真取り忘れた・・・。


成田空港第一ターミナルの展望デッキで飛行機の発着を見ようとしたら、遥音がデカい音を怖がって外に出ようとしないから、先に少し早いお昼ごはんを食べる。
食べながらも離着陸が見られるから、遥音も少し慣れて、食後には展望デッキへ。
30分ほど見たあと、遥音が「おうちかえろう」と言い出した。少し空港内をウロウロして、スタバでお茶したら帰路へ。

ちょっとだけグローバル気分を遥音に味わわせることができたかな。
「はんちゃん、ひこうきのってひとりでがいこくいきたいわ〜♪」って言ってたんで。
よしよし。いい感じ。
「ちょっと成田まで」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
主夫化勧告 (2005/04/08)
MTWB 2005 (2005/07/28)
100日経った (2011/07/13)