プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2010/05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

責任の不在

もう書く気も起こらないぐらい見放してるサッカー日本代表について、ネタがないから書いてみる。

岡田監督の監督としての資質のなさは目を覆わんばかりだ。
本番まで残り少ない大事な時期の韓国とのテストマッチに、到底機能しないであろうことを随所に散りばめていた。
岡崎のワントップ、今野の左サイドバック、長友の右サイドバック、阿部のセンターバックなどなど。
対戦相手のスカウティング対策だったとしたら驚くが。

しかし、中澤のフィードの不正確さはひどい。
スピードもなくなった今、ヘッドの強さしかない選手になった。まあそれだけでも日本有数のセンターバックであることは揺るぎないけど。

監督が23人の登録メンバーを選んだ後に、進退伺なんて舐めてるとしか思えない。
「私はもう辞めるって言ったんだから、今後は引き止めた協会に責任がありますよ」と言わんばかりだ。
選手と監督との間に深刻な溝ができたに違いない。
それこそもう選手はヨーロッパのクラブチームへの自己アピールに専念してもいいと思う。
勝敗にこだわるよりもそちらのほうが今後のためになる。

そもそも健康不安のあったオシムでこの4年を乗り切ろうとした協会のミス。
岡田をここまで引っ張ったのも協会のミス。
サッカー協会が変わらなきゃ、日本代表だって変わらない。

川淵、犬飼はW杯の成績に自らの進退を賭けてもないのに言いたい放題。
まるで他人事だ。
監督も協会も責任を取らないで誰が取るんだ。
日本サッカーの未来を背負うのは選手じゃなくてサッカー協会のはずだ。

サッカーの話 |  コメント:3  |  トラックバック(-)
TOP
「責任の不在」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
クラブワールドカップ (2006/12/12)
北朝鮮戦 (2005/06/13)
クロアチア戦直前 (2006/06/18)

Cupmen

雑貨屋さんで思わず衝動買いしたCupmen。

インスタントのカップラーメンのフタを抑えるためだけのmen。

こういうの大好き。

20100524191817
日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「Cupmen」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
今度は「再会」 (2006/10/21)
院内感染? (2006/12/11)
よせやい。照れるじゃん。 (2005/01/10)

homeに帰ろう

先日、部署のトップから異動の内示があった。
その内容は至って常識的な部署内のローテーション。
今後もこの会社で働いていく上では、私のためになるものだ。
しかし私は今の会社に骨を埋める気はまったくない。

一年ほど前から大阪に帰るタイミングを計っていたが、金融危機の影響もあり、時期を見い出せずにいた。
そんなときに来た異動の話。行き先は千葉。

妻と話し合った結果、もう大阪に帰ろうという結論に達した。
理由はいろいろあるので、また書けるときが来たら書こうと思う。

さてこれから忙しくなるな。
トトと住めるお家が見つかるかな。
それが心配。
日記 |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP
「homeに帰ろう」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
コラム順番待ち (2004/08/24)
DOG for SALE (2007/04/19)
腰痛再発 (2004/08/31)

さっそく奈良へ(オマケ)

続きに続いてオマケ。今度こそこれで最後。




平城京にいたロリータなおっさん。あきらかにおっさん。
でもそれなりきれい。



もし気分を害された方は下の写真で癒されてください。




興福寺にて主人の帰りを待つ犬。
ホントお利口さんなコでした。




余談だが、奈良に行ったこの日はものすごく快晴。
次の日のBBQも快晴だったので、けっこう日に焼けた。
横浜に戻った後、ずっと伸ばしていたアゴ髭を剃ったら、
アゴだけが白かった。だから今、私は変な顔色です。

そんな変な顔色で出勤したけど、誰もヒゲを剃ったことに気がつかなかった。
スゲー寂しい・・・。
日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「さっそく奈良へ(オマケ)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
はやく明日が来ないかな (2006/11/18)
今日からふたりで (2010/04/26)
お知らせ (2005/10/24)

さっそく奈良へ(続き)

大阪帰省中はiphoneでしか投稿できなかったので、デジイチで撮影したもので話の続き。

西大寺駅で降りた遷都1300年祭会場を早々と後に奈良駅へ移動。

そういや遷都祭会場で、ロリータな女装したオッサン二人が観光を楽しんでいたな。妻曰く「むっちゃお化粧が上手だった」とか。私はまじまじと見る勇気がなかったので見てないけど。
観光地に行くとこういう人たちによく合うから、絶対流行ってるんだと思う。
こういう人たちって性癖としてではなく、ライトな趣味として女装を楽しんでるんだと思った。きっとノンケだよ、この人たち。


話がそれた。




JR奈良駅の駅舎はなかなかの趣き。
このあと「関西帰ったら餃子の王将食べなきゃね」ということで昼ごはんは王将へ行った。やりたいことを1つづつこなしていく。




奈良公園の鹿。神の使いである鹿に人間用のお菓子やらごはんやらを食べさせている観光客を多数見かけた。心が痛む。
人通りの多いところにいる鹿は、私たちが行った昼過ぎにはもうたらふく鹿せんべいを食べた後でお腹いっぱい。鹿せんべいを目の前に差し出しても見向きもしてくれなかった。
二月堂あたりの観光客の少ないあたりの鹿は喜んで食べてたけど。
というか、二月堂から一望できる奈良の風景の良さを知らずに大仏だけ見て帰る観光客が多いのは残念なことだと思った。
まあ一日で博物館や春日大社や興福寺などを見て周るなら二月堂は省略されてもしょうがないか。




東大寺南大門。
小学生以来見た南大門。朱の色が若干残ってるのに驚いた。
なんか無粋な看板が架かってたのが残念。いらんやろ。




南大門の中にある阿形像。
遥音からすれば、こんなコワモテの神をして
「ハローって言ってるよ」だそうだ。
あの力強い左手が軽いあいさつに見えるんだな。子供の感性ってすごい。
日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「さっそく奈良へ(続き)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
3連休日記-2 (2008/02/19)
百代事件 (2006/09/04)
家庭崩壊の危機? (2004/09/06)