プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2011/08 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

もうちょいゆっくり

駅前に用事があったので、ヒマそうな遥音についてきてもらった。
で、用事が済んだら遥音が喉渇いたというので、ちょっとお茶してから帰ろうとスターバックスへ。

遥音はキッズドリンクのアップルジュース、私はアイスコーヒーS。
暑いけどテラス席しか空いてないのでテラス席へ。

席に座って遥音のアップルジュースにストロー刺したら、5秒で完飲。
思わず「はやっ!もうちょいゆっくり飲んでーな。」と言ってしまったが、暑くて喉渇いてんねんからしょうがないか。子どもだしカフェでマターリするなんて感覚ないもんな。

やむなく私も速くアイスコーヒーを飲んで早々に店を後にした。
子連れだとカフェでゆっくりするのは難しい。

あ、フラペチーノにしたらゆっくりできたかもなあ。

20110830080053
日記 |  コメント:1  |  トラックバック(-)
TOP
「もうちょいゆっくり」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
朝になっちゃった (2009/01/04)
BDレコーダー (2010/12/11)
さすが本場 (2007/05/30)

池波正太郎ブーム

ここ最近、池波正太郎の作品ばかり読んでいる。

元々は主夫時代に司馬遼太郎作品を図書館で読んでハマった歴史物。
しかし大作「坂の上の雲」を読んでヘトヘトに疲れたので、もう少し軽いものをと池波正太郎の文庫本を手に取った。
手に取ったのは「剣客商売」シリーズ。
60を超えた老人がその息子とともに、無頼浪人をぶった斬っていくのが痛快な時代劇小説。
20冊ほど出てるがまだ5冊ほどしか読めていない。
というのも図書館で借りて読んでいるのだが、順番に読まないといけないので1冊読み終えて次の本を借りにいくと貸出中になっていることが多いから。
合間に同じく池波作品「堀部安兵衛」を読んで感動したり、また司馬遼太郎の短編集を読んだりと横道にそれてばっかり。

しかし歴史物、時代劇物がおもしろいって思えるようになったのは年取ったせいかなと思う。
でもそれは若いときにはできなかったまた新たな感じ方を獲得したってことにしておけばポジティブだ。


20110824200628

今はまた横道にそれて「剣の天地」を読んでいる。
日本史上最強の声もある「剣聖」こと上泉伊勢守秀綱の物語。
日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「池波正太郎ブーム」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ヘルペスって痛い (2010/12/14)
出発準備中 (2008/12/30)
ドラマ見すぎ (2005/09/13)

遥音5歳の誕生日

先日8月17日、早いもので遥音も5歳になった。

誕生日のプレゼントはもちろん仮面ライダーオーズの変身ベルト「オーズドライバー」と変身するためのコアメダルたち。



オーズドライバーとはどういうものなのか。
遥音くんにモデルになってもらいました。
ご参考までに。


以前書いたようにオーズのグッズは品切れが多く、買えるときに買わないといけなかったので、7月中に早々とオーズドライバーを購入した。
そしてその購入した場に遥音もいたので、誕生日までナイショにしておくこともできず、買ったその日から与えてしまったために、それが誕生日プレゼントだということは認識しにくいようで。
後日、「誕生日はなにもらったん?」と聞いたら「わからん」という答えが。

まあしょうがない。オーズドライバーは私も欲しかったし。
以前、新聞記事で歴代の仮面ライダーグッズで、オーズのシリーズは過去最高の売り上げを記録したらしいが、さもありなん。パパだって男のコだったのだ。

今回のプレゼントは奮発しすぎた。
メダルセットもほぼコンプリートしたし、夏休みに公開された仮面ライダーオーズの映画も舞台挨拶があるってことで一緒に見に行って、生エイジ・生アンク・生ヒナちゃんに私も興奮したし、私もオーズにどっぷりハマっているからしょうがないのだ。



誕生日には遥音の好きなオムライスをみんなで食べた。
こういう小さな幸せが長く続きますように。


理央音が産まれてもうすぐ5ヶ月経つが、近頃の遥音のお兄さんぶりには目を見張るものがある。
心も体もどんどん大きくなる君のことをできるだけ近くで見ていたい。
5歳の誕生日おめでとう。またこの1年が素晴らしい1年になりますように。
子供の話 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「遥音5歳の誕生日」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
現代の処世術 (2010/12/03)
Beautiful Name (2006/05/30)
子供は標準語 (2008/04/22)