プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2011/10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

iPhone4S買いました

長年、auユーザーだったがiPhone3GSを持つためにSoftBankへMNPしてはや2年。
iPhoneの機種代金分割がようやく終わったので、月々の料金が下がった。
しかし2年も使うとバッテリーの持ちが悪くなっていたのと、マナーモードへの切り替えスイッチが入りにくくなっていたので、そろそろ買い替えどきだなと思っていた。

毎年夏から秋ごろに発売されるiPhoneの新作だが、今年は5が出るという噂が。
事前に妻に相談して購入許可を得ていたので、発表を楽しみにしてたらなんと4Sとな。

性能の詳細がリリースされる前から「5じゃない」というのがなんだか引っ掛かって、来年の5発売まで待とうという気になってた。

が、スティーブ・ジョブズ死去のニュースや4Sの性能詳細が明らかになるにつれて4Sでもいいやって気になってきていた。
しかし3GS用に買ったケースが気に入っていたのとそれが高価なものだったので、買い換えるのがもったいなくもあった。
ところが家族で出席した親戚の結婚式で理央音をあやしてたら、理央音がテーブルの上に置いておいたiPhoneを床に落とした。そしたらiPhoneは無事だったもののケースが破損して使えない状態になったため、踏ん切りがついた。

よし、iPhone4S買おう、と。


オンラインで予約してから2週間ほどで自宅へ届いた。
届く前はすごいドキドキワクワク感があったが、3GSから4Sへの移行があまりにも簡単だったのと、OSが一足早くアップデートされてて先に新しさを体感していたから、使ってみたら感動が薄かったのが残念。
ディスプレイの美しさには感動するが、それぐらいかなあ。
話題のSiriもまだ日本語に対応してないので使っていない。

あ、古いiPhone3GSは家で遥音が使うことになった。
電話機能は契約が切れたから失われたが、それ以外はメールもネットもゲームもできるからまだまだ利用価値はあるし、妻のスマホ練習機になるかと。
これからは遥音とともに第二の人生を送る3GSに感謝。

携帯電話一台でこんなに人生豊かになれるなんて、iPhoneは素晴らしいプロダクト。
Thank you 4Steve. R.I.P.
日記 |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP
「iPhone4S買いました」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
なぜか重なる (2007/08/13)
初めての発熱 (2007/10/18)
堕落の一途、老化の一途 (2005/02/03)

詳しくはfacebookで

ブログ更新がすっかりおろそかになってるこの頃ですが、書こうと思うとまずtwitterでつぶやいて執筆欲を満足しちゃうのでついつい。

最近、友人や親類の間ではfacebookがブーム。
そんなことでmixiはほとんど見なくなった。
実名登録の安心感と中高生のガキんちょたちがまだfacebookにはあまり来てないから、なんだか平和。

そんなわけで私の実名を知っている方はFBでお会いしましょう。

あ、ブログも細々と更新はしますので今後ともよろしくです。

20111026115705
日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「詳しくはfacebookで」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
買い物モード、大失敗 (2005/11/05)
ヘビメタさん (2005/05/31)
2009年M-1GPの結果 (2009/12/21)

やらわかい

遥音も五歳になって言い間違いも少なくなってきて、成長したなあと思う反面、寂しい気もする。

そんな少ない中からのハル語録。

喉が渇いたハルに麦茶を入れてあげた。
しかし夏場はお茶の消費量かハンパないので、生産がおいつかなくて冷えてないお茶しかなかった。
それを飲んだハルが

「このお茶やらわかいな〜」

私は「ぬるいって言うねんで」という言葉を飲み込んだ。
たしかに柔らかいよな、ぬるいって。
誰に教えてもらったわけでもなく、柔らかいっていう表現がハルから沸き上がってきたその感性に感動した。

しかも「やらわかい」って微妙に間違ってるところがかわいらしい。

子どもの感性はかくも水々しく、眩しい。

それに引き換え、つくづく自分はつまらないオトナになったなと悲しくなる。


日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「やらわかい」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
カスタマイズラーメン (2007/01/07)
9/16の晩ごはん (2010/09/17)
真夏の節約術 (2005/07/30)