プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2017/11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

good old days

CATVに加入しているのだが、sky-Aというチャンネルをたまに見る。
朝日放送系の局なのだが、会社から帰ってきて、チャンネルをあわせて見ると、昔の新日本プロレスの中継を再放送していることがあり、そのまま最後まで見てしまう。

どれぐらい昔かというと猪木がバリバリ現役だったころだ。
私が見始めたときなどは、まだ藤波辰巳がジュニアヘビー級の選手で、マジソンスクエアガーデンで防衛戦をやってたりなんかしていた。

最近では、UWFが新日に戻ってきて、維新軍も全日から戻り、正規軍と世代闘争をしていたころを放送している。私が思うに一番「熱い」時代のプロレスである。
あのころが一番、日本人選手層が厚かったのではないか。
猪木がいて、藤波がいて、長州がいて、マサ斎藤がいて、前田兄さんがいて、と絢爛豪華。藤原組長、木村健吾、もいたな。
ジュニアヘビーでは、高田や越中にデビューしたばっかりの馳、世界一美しい(私見による)フィッシャーマンスープレックスを投げる「虎ハンター」小林邦昭と、こちらも豪華。

一番、驚いたのは、まだ売り出し中のベイダーのかませ犬として、星野勘太郎やジョージ高野だけでなく、坂口征二までもがそんな扱いを受けていたとは衝撃的だった。

今のプロレスに比べると技の数も少ないし、スピードもないかもしれない。でも、とにかく「熱い」。永田や中邑にこの時代の選手が持つ独特の空気が出せるかってんだ。
プロレスラーは強さよりも優先することがある。


話変わって、神無月の武藤敬司のマネは最高。長州も好きかも。
「good old days」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
目から鱗のマカロン (2007/09/27)
帰省旅費でハワイ旅行? (2008/09/08)
腰痛再発 (2004/08/31)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dolcevita.dtiblog.com/tb.php/362-4d08d9f2