プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2017/05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

ある日、妻がひさしぶりにとがんばりました

先日、妻がひさしぶりにごはんを作ってくれた。
ここ最近は、私がごはん係だったので。

私の腕がどんどん上達していくことに、女のプライドが傷つけられていたのかもしれない。この日は、いつになく気合の入ったメニューだった。いろいろ作ってくれたのだが、初めて食卓に並んだものがあった。それがこれ↓。



豆腐の上に刻んだキムチをのせて、焼肉のタレをかけただけのもの。

これが、超簡単な割に意外とイケる。
なんでも、妻がどこかの居酒屋で食べたことがあったらしい。
キムチの辛さと焼肉のタレの甘さが良く合う。けっこう好きかもしれない。

私はお酒を一切飲まないのだが、こういった居酒屋メニューが大好きで、タコの辛子酢味噌和えとか、クラゲと胡瓜の酢のものとか、枝豆とかが好きなのだ。
しかしながら、そういった料理は、あまり量を食べるものではないから、家で作るには、めんどくさい。つい最近、いんげんのゴマ和えとか、じゃこと胡瓜の酢のものとかは作ったけど、めんどくさかった。加えて、「作った感」に欠ける。


こうして、妻と競い合うことは、良い効果を生み出している。
私もあっと言わせるものを、作ってやりたい。
「ある日、妻がひさしぶりにとがんばりました」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
20年ぶりの清水寺 (2010/09/21)
春山香代子は要チェキ (2004/11/07)
ソウルフード、王将 (2010/03/25)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dolcevita.dtiblog.com/tb.php/422-3176ae36