プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2018/12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

ドルチェを求めて1時間旅

日曜日に妻がboaレディースの練習に参加するのだが、奈良県の片田舎にぽつんとあるフットサル場まで行かないといけない。

妻「もちろんついてきてくれるやんな?」
夫「えっ?オレ、その日は朝から関西リーグ見に行く約束してるねんけど・・・」

地図が読めない妻。行ったことのない場所へ一人で車を走らせることができない。
で、金曜日の夜の会話。

夫「明日、何すんの?」
妻「下見行くからついてきて。」
夫「まさか奈良まで?」
妻「もちろん!」

仕方なくついていくことに。
というか、なぜか私が運転・・・。

場所を調べてみると、私の祖父の家に行く道中にあることがわかった。慣れた道だ。
で、下見だけ行くのもバカバカしいので、そのフットサル場がある付近から、もう少し行ったところに、おいしいケーキ屋さんがあるので、そこでお茶することを主目的として出発することにする。
なので、トトちゃんはお留守番。

フットサル場はすぐ見つかったので、さっさとケーキ屋へ移動。
ヴィラージュ川端というケーキ屋さんだ。



私がチョイスしたのは、ハニーロールケーキの上に桃が乗ってるケーキ。



妻がチョイスしたのは、ナッツなどが入ったモンブラン系のケーキ。

さらにその夜、私の実家の母と食事することになっていたので、手土産として3種。


いちごとキャラメルのケーキ、紅茶とチョコのケーキ、抹茶のムース。


おいしいけど、難点は、オーガニック素材ばかりを使っているので、すごい値段。
ケーキ1つでラーメンが食べられるぐらい。
でも店内の雰囲気は↓こんな感じだし、なかなか良し。近くに住んでいるなら行く価値あり。

「ドルチェを求めて1時間旅」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
春山香代子は要チェキ (2004/11/07)
那須旅行記その2 (2007/09/21)
Revolution 天龍源一郎 (2005/04/24)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dolcevita.dtiblog.com/tb.php/463-f77db852