プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2017/10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

ある日の買い物メモで

風呂あがり、妻が髪にドライヤーをかけながら、何かしゃべっている。
そして時折り、ドライヤーを振っていた。
しかし、何を言っているかは、ドライヤーの音にかき消されて聞こえないので、近くまで寄ってみると

「あ〜!ドライヤー、がんばれー!がんばれー!」

どうやら、ドライヤーの調子が悪いらしく、熱風の勢いが弱いので、イライラしているのだ。寝る前の貴重な時間帯で、ドライヤー動作不良によるタイムロスは、痛い。5分でも早く寝たいと思うものだ。

こういうときは、妻の父親に修理をお願いするのが良い。大抵のものは、直ってしまう。
ヒーターのコンセントをトトに噛みちぎられたときも、直してもらった。
機械をいじるのが好きな方で、市のボランティアでおもちゃの修理をやっておられたりもするのだ。

私「明日にでもお義父さんのところに持っていってみたら?」

と言ってみたのだが、以前からドライヤーの出力の弱さに不満を持っていた妻は、修理するよりも新しいパワフルなドライヤーが欲しかったようだ。




冷蔵庫に、買い物に行ったら買ってほしいものを書きこむメモが貼られているのだが、そこを見たら↑のような絵が描かれていて、爆笑してしまった。
以前、私が買ってきた、人のカタチをしたマグネットをうまく使っているところに、センスを感じる。たまにこういうことをして、笑わせてくれる妻が好きだ。

で、結局、週末に大手家電量販店へ行って、パワフルなドライヤーを買ったのだが、その夜、冷蔵庫を見たら、こんなメモが。




いえいえ。どういたしまして。喜んでくれて私もうれしいですよ。
「ある日の買い物メモで」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
この一年 (2006/11/02)
初ゼンニチ (2010/03/10)
ちょっと成田まで (2010/02/10)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dolcevita.dtiblog.com/tb.php/472-ff5e823d