プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2018/12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

日帰り箱根

3連休に日帰りで箱根へ行ってきた。
目的は紅葉を見ること、温泉に入ること、電車に乗ること。
なので、今回はトトちゃんはお留守番。いつもごめんね。

箱根に電車と言えば小田急ロマンスカーだが、横浜に住んでいる私がわざわざ新宿まで乗りに行くのもなんか効率が悪い。横浜でも北のほうに住んでいれば町田あたりから乗る選択肢もあったみたいだけど、私は南のほうなので。



帰路の途、箱根湯本駅に止まってた最近できたばっかりの新しい車両(のはず)。これ一本で東京メトロにまで乗り入れて北千住まで行けるらしい。



カッコいいロマンスカーの前でポーズ。


JR沿線に住んでる私としては、スーパービュー踊り子に乗ってみたかった。先頭車両にはキッズスペースなるものがあるとか。
しかし調べてみると横浜まで戻ってから、小田急に乗り換えなければいけない小田原まで乗っても30分ほどで着いてしまう。せっかく特急に乗るのだから1時間は乗りたいので、湯河原、熱海、伊東あたりまで日帰り温泉に行くときまで楽しみをとっておくことにする。

箱根で電車といえば箱根登山鉄道。日本で唯一といっていい本格的な登山鉄道で、箱根湯本から強羅まで急勾配の山道をスイッチバック(進行方向を変えて登っていく。車掌と運転士も前と後ろを換わる)しながら登っていくのだ。
紅葉の時期は箱根の混雑のピーク。小田急から登山鉄道に乗り換えるまで1時間近く並んで、電車に乗れたら乗れたで通勤の満員電車のような混み具合。妻が遥音を抱っこして乗り込んだら、前に座ってた人が席を譲ってくれた。ホント助かりました。ありがとうございます。



強羅駅。ここからさらにケーブルカーで登って行く人が多かったが、私たちはここまで。
紅葉を散策してお昼ごはんを食べたらすぐ下山。ホントは美術館とか行くつもりだったが時間の都合でカット。


強羅でも十分紅葉が楽しめた。(この写真のみクリックで大きくなります)




箱根湯本で入った温泉。日帰り温泉に入って、おみやげ買ったら帰宅。
ちょっと帰宅が遅くなってしまった。トトちゃんごめんね。

商店街で食べた珈琲ソフトクリームが超うまかった。行った方はぜひご賞味あれ。
旅行の話 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「日帰り箱根」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
プチ修学旅行2 (2009/12/03)
8日目 2/27 ローマ (2004/02/27)
スーパービュー踊り子とワニとレゲエ (2009/09/01)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する