プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2017/11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

カフェっぽいご飯

20090514160604
思いつきで適当に作ったカフェ風どんぶり。カレー風味。味はなかなかよかった。

妻が実家に帰っている今の私は「晩ごはんどうしよう」という悩みに日中ずっと支配されている。
どこかで食べて帰ればいいのだが、どこに食べにいくかを考えるほうがめんどくさい。
一人で気軽に入れるとこってけっこう限られるから、食べられるものも限られる。
だったら自分で作ったほうが食べたいものを食べられる。しかも好きなだけ。
ただ毎日自炊もめんどくさい。

まずは妻が使いきれなかった食材を使いきることにしたが、それ単独で食べることができないので、「使いきれない食材を使うために新たに食材を買い足す」ということをしたがために、ずっと自炊しなければならなくなった。
まあ経済的だからいいか。

ちなみに写真のどんぶりは玉ねぎとトマトをみじん切りしたら挽き肉と炒めて、塩、コショウ、カレー粉でしっかりめに味付け。どんぶりだから。
熱々ごはんの上に刻んだレタスを散らしたら、その上に炒めたものをのせて、最後に温泉タマゴをトッピングして完成。

温泉タマゴがいかにもカフェっぽいが、今回はまったく作り方を知らずにただ「ゆで時間短めでもできるやろ」とやったので、単なる「ゆで足りないゆで卵」になってしまった。
次はちゃんとやろう。
「カフェっぽいご飯」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ウソみたいな話 (2010/03/09)
20年ぶりの清水寺 (2010/09/21)
10数年ぶりにプールへ行った (2005/07/29)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dolcevita.dtiblog.com/tb.php/627-e43fad5a