プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2017/10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

生活リズムができるまで

今日は帰ってきたら、ごはんはできてるし、トトの夜散歩は妻が行ってくれてたし、時間の余裕がちょっとできたので、久しぶりに更新っと。

で、帰ってきたら、食卓にごはんが並んであるというのは、たいそう気持ちが良いことだと、つくづく実感している。
私はこの半年間、妻に喜んでもらいたい一心で、帰ってきたジャストのタイミングでごはんができあがるように計算して用意をしていた。なので、「いつもおいしいごはんをありがとう」って言うようにしているし、これからもするつもりだ。

しかし、妻はちょっとストレスを溜めこんでいるようだ。
仕事中にも冷蔵庫の中身から晩ご飯のメニューを考えてみたり、同僚に「昨日の晩ご飯何?今日は?」とヒントを探ろうとしたり、そればっかり考えるようになったそうな。
そして、家に帰ってきても誰もいないのが、耐え難く寂しいとさ。
その寂しい家で、ひとりごはんを作って、私の帰りを待っていることも耐え難いらしい。

「がんばって!」とも「がんばりすぎないで!」ともどっちつかずだけど、ゆっくりと、2人の生活リズムを作っていこうじゃありませんか。

私も慣れない仕事をしていると、「あ〜、ごはん作りたい。」っていまだに思うけど・・・。


「トトとふれあうじかんがへって、おと〜さんはさみしいですよ」
「生活リズムができるまで」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
関係なくない? (2009/05/29)
最初の贅沢 (2005/01/04)
スイカ大好き一家 (2005/07/27)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dolcevita.dtiblog.com/tb.php/848-5e29af02