プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2017/12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

トト姉さん

遥音&理央音とトトの散歩へ行った時のこと。

私が理央音を抱っこしていてリードが持ちにくいのと、遥音にトトのリードを持つ経験をさせようと常々思っていたのとで、人通りがあまりないのを見計らってある地点だけ遥音にトトのリードを持たせてみた。

するとトトは当然、遥音よりも前を歩く。
目上であるトトがリードするカタチになる。
トトは時々私や遥音をチラ見しながらグイグイ引っ張って歩く。

あるおうちの前に差し掛かった。
そのおうちにはガレージで飼われている小型犬がいて、家の前を通るとガレージのシャッターのところまでダッシュしてきて吠えまくるのだ。
シャッター越しなので安心だが、向こうが寝てても飛び起きてまで吠えてくるからなんだかうっとおしい。「はいはい。安全パトロールごくろうさん。」とも思うけど。

この日はなぜかトトは素通り。
いくら吠えられてもちっとも見ない。

しかしトトの後ろについている遥音が、おもしろがってその犬の方へ近づいた。

すると先を歩いていたトトがスッと戻ってきて、遥音とその犬の間に割って入ったのだ。
しかもなんかその犬のほうを睨んで「うちのコになんかしたら許さないよっ!」ってメッセージを発してた。

なんだか感動しちゃったな、私。




「あたしゃ、売られたケンカは買いますよ。」
普段はお調子者だけど、実はリーダー気質なトト姉さん。
黒ラブの話 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「トト姉さん」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
妻、最下位転落 (2004/10/28)
他人事じゃない (2005/04/26)
トトの一日 (2005/03/24)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する