プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2017/08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

ツタンカーメン展

天保山で開催されているツタンカーメン展に行ってきた。

前から行きたくて、一度土日の11時すぎに会場に行ったら、あまりの混雑のため16時半以降の入場整理券が配られる始末。天保山で5時間も時間潰すなんて海遊館に行くしかないので、泣く泣くその日は帰った。

で、また別の日に朝9時に会場着で行ったら1時間待ちでなんとか入れたのだ。

ツタンカーメンと言えば黄金のマスクだが、あれは以前ドイツで展示したら破損して返ってきたらしく、それ以降は国外持出禁止になったとか。
なので黄金のマスクなしの展示。でもあれと同じような迫力ある木棺があったのでまあヨシ。

紀元前1500年とかに作られたものなので、ガラスケースの向こうの展示物と私のいる世界には3500年の時空の差があると思うと感動した。
首飾りなどの装飾品の細工の細かさは当時はどんな工具を使ってたんだろうと想像。だって当時の日本はまだ縄文時代だから工具は石器しかないような時代に、エジプトではこんな金属加工の技術があったなんて凄い。

会期は7月中旬までなので、ぜひ見に行ってみてほしい。海遊館とセットで安くなるチケットもあるみたいだからお子さんといくのもヨシ。

20120702060116
日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「ツタンカーメン展」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
あっさり地デジ (2010/03/30)
M-1ファイナル (2010/12/12)
ゴキブリエンカウント率 (2005/08/18)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する