プロフィール
dolcevita_ryu
  • 作者:dolcevita_ryu
  • 主な登場人物

    管理人:Ryu
    大阪在住30代会社員。
    草食系スイーツ男子&メガネ男子のイクメン。
    twitter始めました。@dolcevita_ryu

    妻:
    管理人より3つ年上の姉さん女房。繊細虚弱な夫と正反対に豪快でパワフル。

    トト:
    長女である黒ラブ。9歳。フレンドリーでオープンな性格だが、臆病で気の弱い一面も見せる。見た目と違って非常におとなしい。

    遥音(はると):
    長男。幼稚園でモテモテの年長さん。
    優しくてフレンドリー。気さくなあんちゃん。

    理央音(りおと):
    次男。かなり凶暴なやんちゃもの。
    10ヶ月から歩きはじめて目が離せない。
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2017/04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アーカイブ
DTIブログ!

Search

福井県立恐竜博物館

恐竜好きな遥音のために、図書館で恐竜図鑑を借りたら、福井県勝山市に日本三大恐竜博物館の一つがあるとのこと。
静岡にもそういった博物館があるみたいだけど、たぶん福井のほうが近そうだからそっちに行くことにした。
片道250キロだったら日帰り範囲なので、朝6時出発で現地10時入りの14時出発で19時帰宅のスケジュール。

福井県勝山市といえばスキージャム勝山があることで有名だが、博物館はその近くにあった。

中に入ってみると、めっちゃ規模がデカイ。
埼玉県大宮の鉄道博物館ぐらいの規模。
すんごい数の骨格標本に、何頭もの動く恐竜ロボット。
正直、遥音より私のほうが楽しんだと思う。

入館料も常設展だけなら500円と破格の安さ。
ここは最高に楽しいのでオススメします。
遥音が小学生になって、もう少し恐竜の知識を深めた頃にまた行きたい。

20120911063004
日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「福井県立恐竜博物館」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
外車乗りたい病 (2008/10/31)
空腹の秋 (2004/10/01)
第2回卒乳チャレンジ (2007/12/01)

ツタンカーメン展

天保山で開催されているツタンカーメン展に行ってきた。

前から行きたくて、一度土日の11時すぎに会場に行ったら、あまりの混雑のため16時半以降の入場整理券が配られる始末。天保山で5時間も時間潰すなんて海遊館に行くしかないので、泣く泣くその日は帰った。

で、また別の日に朝9時に会場着で行ったら1時間待ちでなんとか入れたのだ。

ツタンカーメンと言えば黄金のマスクだが、あれは以前ドイツで展示したら破損して返ってきたらしく、それ以降は国外持出禁止になったとか。
なので黄金のマスクなしの展示。でもあれと同じような迫力ある木棺があったのでまあヨシ。

紀元前1500年とかに作られたものなので、ガラスケースの向こうの展示物と私のいる世界には3500年の時空の差があると思うと感動した。
首飾りなどの装飾品の細工の細かさは当時はどんな工具を使ってたんだろうと想像。だって当時の日本はまだ縄文時代だから工具は石器しかないような時代に、エジプトではこんな金属加工の技術があったなんて凄い。

会期は7月中旬までなので、ぜひ見に行ってみてほしい。海遊館とセットで安くなるチケットもあるみたいだからお子さんといくのもヨシ。

20120702060116
日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「ツタンカーメン展」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
不思議な光景と漠然とした決意 (2004/11/24)
はねとび (2004/09/14)
母の趣味 (2006/05/15)

素敵な器に出会えた

先日、会社の慰安旅行で岡山の倉敷と香川の金比羅へ1泊2日。
月〜金で働いて土日も一日中朝から晩までべったり一緒。
そして週明けからもまた一緒。うんざりだぜ。
会社員となって10年以上経つが今回が初めての会社旅行。
もう行きたくないというのが本音。何が楽しいんだか。

同部屋になった人のイビキが凄過ぎて一睡もできずに朝を迎え、そのまま金比羅のあの階段を登らされたときは吐きそうになった。


しかし、楽しいこともあった。
倉敷では自由行動が2時間ほどあって、その間はまったく1人で単独行動。
ホントは大原美術館に行きたかったけど、お土産買ったりする時間も考えると時間が足りない。
なので美観地区をフラフラして最後はエル・グレコでカフェして終わるプランで。

で、お土産買ってフラフラしてたら、少し外れたところでなにやらイベントが。
フィールドオブクラフト倉敷というイベントだった模様。
そこで1時間ほど器などを見て楽しく過ごしたのだが、そこで見つけた器に目を奪われた。
静岡の酒井美華さんという作家さんらしいのだが、とにかく気に入った。
買って帰りたかったが会社の慰安旅行のしかも1日目だし、器だから割れちゃいけないし、ってので泣く泣く諦めた。
あっちこっちで作品を取り扱ってるお店もあるみたいだし、大阪で催事をやるときなんかはぜひ行ってみたい。
この器に出会えただけでもこの旅行は収穫だったと思える。

作家さんのブログがあったのでよかったら見てください。
とにかくカワイイ器なので。
http://irodo.exblog.jp/
旅行の話 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「素敵な器に出会えた」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
10日目〜11日目 2/29〜3/1 ローマ〜アムステルダム〜大阪 (2004/02/29)
日帰り箱根 (2008/11/24)
初スキー場 (2010/03/07)

2年ぶりの横浜

大阪に戻ってからはや二年。
ゴールデンウィークを利用して二年ぶりに家族みんなで横浜へ行った。
以前住んでたマンションの友人宅へ二泊もさせてもらって感謝。

二年前はいなかった理央音を一番お世話になった人に御披露目できたことがうれしい。
生まれてからずっとあの人に抱っこしてもらいたいと思ってたから。

遥音は横浜に残してきた彼女とも再会できたし、スカイツリーも見れたし(開業前だし登れなかった)、最高に楽しい2泊3日だったなあ。

これから一年か二年に一度は横浜に行きたい。
横浜が好きすぎるから。

20120911061606
日記 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「2年ぶりの横浜」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
パパママフットサルの副産物 (2013/02/19)
チョコレートケーキといえば (2007/03/18)
LACOSTE ESSENTIAL (2010/01/05)

ぺとぺと理央音



家の中で歩き始めたので、靴を履かせて外も歩かせてみようとやってみたとこの動画。
意外にちゃんと歩くので驚いた。

「よちよち」というよりも「ぺとぺと」歩いてた。


最近はもうちょっとうまく歩く。
というかほぼ走ってる。
子供の話 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP
「ぺとぺと理央音」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
やっぱり嫌 (2011/01/12)
トイレトレーニング (2009/06/09)
遥音語録08/11 (2008/12/01)